FC2ブログ
  • FC古河

    マメ
  • マスコットキャラクター『こがっち』

  • 株式会社 未来電工

    選手達の未来を応援してます

  • メディカルパパス 株式会社

  • コバルトーレ女川 NO30/緑川光希


2019/02/03(Sun)

ふるさとカップ準決勝


vs 石岡アセンブル 7-1(1-0/6-1)

先週の試合に参加出来ず、元稀に選評を任せましたが、今週からまた私が選評をさせていただきます。
初めて選評を読む側になって色々と分かることがあり面白かったです。自分のドリブルに『完璧な』や『鋭い』といった装飾語をつけていましたが今日もそんな元稀ドリブルが炸裂するのか注目したいですね。
年明け一発目の今大会をいい形で勝ち進んでいるFC古河のスターティング11はこちら
FW 須田 根本
MF 古橋 野口 元稀 青木
DF 篠崎 大澤 佐藤©️ 深山
GK 高橋

注目はなんといっても一回戦ぶりに帰ってきた走力モンスター須田だ。今日は何点決めるのかそこに注目が集まる。
なお、今節はサブがいないため全員フルタイムの出場が決まっている。体力的なことも考えながらプレーしようと話し合い試合を迎える。
立ち上がりから主導権を握る古河はいい形でパスをつなぎ相手ゴール前まで迫るもなかなかシュートで終われないシーンが続く。相手選手のスピードに振り切られピンチとなるシーンがあったが、高橋がセーブし前半半ばまで拮抗した展開が続く。そんな中均衡を破ったのは根本だ。古橋の中村憲剛のようなパスから小林悠のようなシュートで先制点。二人の息のあった完璧な崩しから大きな一点を奪う。
その後も青木のクロスや元稀の『鋭い』ドリブルなどからチャンスを作るが前半を1-0で折り返す。
ハーフタイムで細かいところの話し合いを入れ、古橋と元稀のポジションを入れ替えて早く追加点を取ることを目標に後半に挑む。
後半も中山のパスから青木のシュートなどチャンスを作るが、追加点を奪えない。
そんな中、不本意なファールを取られまたもやセットプレーから失点。同点の嫌なムードになってしまったが、ここで大きな勝ち越し点を決める。お待たせしました、須田啓太だ。前半は少し鳴りを潜めていたが、ここから始まる須田劇場。ここから彼の足が地球とくっつくことはない。
その後、古橋・野口の両ボランチを起点とし完璧な崩しを披露。佐藤・大澤・高橋がボールを出荷し古橋・野口が調理、深山・篠崎が味付けをし元稀・須田・根本がこれを美味しくいただき最後に青木が皿洗いというのが鉄板のゴールシーンだ。試合中ひやりとしたシーンもあったが、終わってみれば元気1深山1根本2須田3とトータル7-1と快勝。来週の決勝に駒を進めることができた。
得点差ほどの余裕があった試合ではないが、ギリギリの中でしっかり勝てたのは非常に嬉しい。守備陣、攻撃陣ともに奮闘した見事な勝利だ。来週の決勝では課題のセットプレーの守備を改善し今年初タイトルを勝ち取りたい思う。
応援よろしくお願いします。

今日のPUP(ピックアッププレイヤー)
古橋広樹
上手くて少し怖い。これが中学生の時に1つ上でキャプテンをやっていた広樹君のイメージだった。多分僕らの代にアンケートを取ったら8割がこの回答するだろう。私が中学生の頃遠征の時にたまたま広樹の隣の補助席に座ることがあったが、私は緊張してずっと石のように固まっていたことを覚えている。あの日僕の代わりにマネキンが座っていても気づいてなかったと思うがこのことを広樹くんは多分覚えていないだろう、、、。
そんな広樹くんだが、選評を読んでいただいたらわかると思うが足元の技術、守備の仕方、アジリティ全てにおいて物凄く高いパフォーマンスを発揮する。今年から本格始動したが、ホントに頼りになる存在だ。それでいて卒団してから8年くらいの月日が経ち、今では上手くて優しいという神のような存在になっている。試合中も的確な指示もくれてたまには笑顔を見せてくれるそんな広樹くんの活躍に乞うご期待。
是非来週の決勝でもひと暴れしてほしい!!

PS
私は先週お休みを頂き京都の白峯神宮というサッカーの守護神が祀られているところにトップチーム・FC古河の活躍を祈願しに参拝してきました。プロチームなども来るという白峯神宮に参拝し、運も力もつけた我々にはもう怖い物なしだ!これからもみんなで頑張ろう!!







スポンサーサイト
Home | Category : TOP TEAM |  Comment  |  Trackback
Home Home | Top Top