FC2ブログ
  • FC古河

    マメ
  • マスコットキャラクター『こがっち』

  • 株式会社 未来電工

    選手達の未来を応援してます

  • メディカルパパス 株式会社


2019/04/23(Tue)

全国クラブチーム選手権 準々決勝


@ひたちなかスポーツ広場

vs サイクル東海 0-0PK4-2

接戦の末、見事準決勝に駒を進めました。

あと1回勝利すれば、鹿島スタジアム‼

準々決勝 集合写真

クラブ選手権 準決勝

準決勝10:00KOvsカミーザ・ドゥシーFC@ひたちなか陸上競技場

次も頑張れ~~~

スポンサーサイト
Home | Category : TOP TEAM |  Comment  |  Trackback
2019/04/15(Mon)

クラブ選手権2回戦


@ひたちなかスポーツ広場

vs Sportiva Tsukuba 1-0(0-0/1-0)

怪我などもあり、11名揃わず、なんと9名…

9名で勝利したということは相当頑張ったんだな❗️

と伝わりますが、相手チームに失礼です(_ _)

それぞれ都合があるとは思うが、ちゃんと11名揃えて、試合に臨むように❗️





Sportiva Tsukubaの皆様、有難うございました。

Home | Category : TOP TEAM |  Comment  |  Trackback
2019/03/17(Sun)

県知事杯2回戦


@セキショウチャレンジスタジアム

vs 日立エンジニアリング 2-1(.1-0/1-1)

応援有難うございました。



Home | Category : TOP TEAM |  Comment  |  Trackback
2019/03/15(Fri)

茨城県知事杯

今週末17日(日)から開幕します‼

勝てば、前年度1部リーグチャンピオンの鹿島さわやかFCさんとです。

県知事杯日程

ジャイアントキリング起こすぞ‼‼

Home | Category : TOP TEAM |  Comment  |  Trackback
2019/02/13(Wed)

ふるさとカップ 決勝戦


ふるさとドリームカップ
決勝戦 VS瓜連スワン
1月13日から始まった今大会、苦しい戦いを勝ち続けついに決勝戦まできた。素晴らしいスタジアム、手強い相手、舞台は整った‼︎後は我々が勝ってカップを掲げるだけだ。果たして雪の王子様は現れるのか、白銀世界の中決勝戦は行われる。


グランドに到着すると緑の芝生の上に白い絨毯が敷かれていることに驚く。前日降った初雪のため、試合開始時間が遅れるとともに、両チームで雪かきを行うことからスタート。雪かき対決は両者一歩も譲らずドロー。やはり、決着はサッカーでつけるしかないようだ。

インフルエンザで岩本、野口が急遽欠席となり、スタメン構成を少し変更せざるを得ないというアクシデント。そんな中優勝目指して最初にピッチに立つ11人はこちら。
FW 根本 須田
MF 丈聖 元稀 古橋 青木
DF 篠崎 佐藤©︎ 大澤 深山
GK 高橋
また、決勝戦はスタッフとして鳥波くん、バッキー、そして岩崎監督と強力な三人がベンチ入り。尚更、準優勝では終われないと意気込む。
雪かきをしたものの、ピッチには雪が残っており、前半はセーフティな判断をしようと試合に入る。

前半立ち上がり、残雪と向かい風により自分たちのしたいポゼッションサッカーが披露できない。それに対し相手は前からプレシッングをかけ、DFの裏にボールを入れてくる。嫌な流れだと思っていたら立ち上がりすぐにまさかの失点。声を掛けて切り替えたが、すぐ後の相手のコーナーキック、古橋の「ここで失点したらやべーぞ」という喝の3秒後、まさかの失点。大会初の複数失点に暗雲が立ち込める。その数分後、また大ピンチがチームを襲う。しかし、高橋のビッグセーブでなんとか免れる。その後、雪も少しずつ溶け始めセカンドボールも拾えるようになり徐々に古河ペースに。しかし、PKなど多くのチャンスがあったが得点を奪えないまま前半終了。始めてリードされた展開でハーフタイムを迎える。

ハーフタイムで宇都木、岩瀬を投入。大澤をボランチの位置にあげ、元稀を右サイドにシフト。前半の終盤のように焦らず自分たちのサッカーをすればゴールが奪えるから慌てずに行こうと意思疎通をし、後半に挑む。

後半2分、思ったり早く得点を奪える。毎度ありがとうございます、「雪の王子様」須田啓太だ。自身で貰ったPKを自ら決め、待ちに待った得点。古河の金崎夢生が今日も流れを持ってくる。この得点で完全に古河が蘇る。その2分後同点弾。ボランチにコンバートされた大澤のヘディングシュート。いつもはCBで影からチームを支えているが、ボランチにポジションをシフトし大きな存在感を発揮。流石のボール奪取に加えて大きな同点弾と大活躍だ。さらにそのまた1分後、ついに逆転。元稀の素晴らしいクロスから古橋のヘディングシュート。自身もヘディングは得意ではないと言ったが、流石のゴール。後半立ち上がり5分で逆転に成功し、勢いついた古河は中山の鮮やかなループシュートでさらに引き離す。その後も、チャンスを作ったが、得点は入らない。そして、残り5分で鰻屋さんを投入するも、ボールに触れることなく試合終了のホイッスル。ついに、初タイトルを勝ち取った。

終了後、みんなで喜びトロフィーを掲げ大会最優秀選手の佐藤キャプテンを胴上げし最高の瞬間だった。やはり何においても優勝することは本当に嬉しい。最年長は28歳、下は19歳まで年の差はあるが、サッカーは皆んなを少年にする。年齢なんて関係なくチームがまとまり、いい雰囲気で大会通して戦えたことが優勝の要因だと思う。
また、遠方から様々な方が応援に駆けつけてくれたり、関係者の方が雪かきに協力してくれたりと本当に色々な方のお陰でサッカーができ、今回タイトルを取ることができた。感謝の気持ちでいっぱいです。この場でお礼をさせていただきます。ありがとうございます。

来年度からは新しいメンバーも増え、チーム力もアップする。来たる県知事杯、クラブ選手権、そしてリーグ戦に向け万全な準備を行いまたみんなで喜びを分かち合えたらこれ以上の幸せはない。
これからも応援よろしくお願いします。

今日のPUP
中山元稀
サッカー小僧。この言葉が本当に似合うサッカー大好きな少年だ。選評によく名前を連ねる彼だが、毎週のトップチームの活動を本当に楽しみにしており、人生の糧にしていると発言するほどである。県知事杯まで、1ヶ月以上の空きがあるため、生きる糧を失った彼の現在が私は少し不安である。プレーに関してはピカイチでボールを持たせたら躍動感溢れるドリルドリブルで相手のディフェンスを何枚も剥がす。シュート、パスにも才能溢れ決勝戦でも1得点1アシストと大活躍。また、歳下ながら人間性も学ぶところがたくさんある。チームの裏の仕事も文句言わずこなしてくれる本当に頼れる存在だ。さらに、彼には大事な仕事がもう1つある。兄である丈聖のマネージメントだ。兄が自由人すぎるためユニフォームを用意してあげたり、朝起こしてあげたり、たまに食事を奢ってあげたりと彼の負担は軽くないだろう。しかし、本当は仲良し兄弟で2人の掛け合いを見ているとこちらも微笑ましくなる。そんな元稀だが、たまに私の愚痴を丈聖にチクっているとか、いないとか。。。そこは少しショックだが、可愛いさ抜群の中山元稀の今後の活躍に乞うご期待!














Home | Category : TOP TEAM |  Comment  |  Trackback
Home Home | Top Top